産後の抜け毛で注意しておきたいこと

9月 22, 2017

産後の抜け毛に間違った対策で改善しようとしてもなかなか上手くいきません。

むしろ余計に抜け毛をひどくしてしまう可能性があります。

ですから産後の抜け毛の対策では正しい知識が必要です。

その対策について注意点を改めて隠しておきましょう。

できるだけ早い対策を

産後の抜け毛はできるだけ早め早めからの対策が必要です。

今はあまり毛が抜けてないからと言っても1、2ヶ月するとすぐに抜けるが始まり何もしてないことで後悔することになります。

ですから産後の抜け毛は抜け毛が始まる前の早いうちから対策をしていくことで後の抜け毛を減らすことができます。

具体的な対策としてはシャンプーを変えたり育毛剤で頭皮をケアしたり食事や睡眠など生活習慣を正しくおこなっていくことが必要です。

まずは自分ができるという対策から始めると良いのですがなるべく具体的になおかつ継続的に行うことが必要です。

シャンプーの見直し

シャンプー成分

シャンプーに含まれる刺激性のある成分は産後の頭皮には刺激的です。できるだけ無添加や洗浄成分、防腐剤の刺激が弱いものを選ぶとよいでしょう。

シャンプーの仕方

シャンプーをするとき必ずゴシゴシ爪で頭皮をかく人がいますが、それは頭皮を傷つけてしまうだけなので指の腹などを使って優しく洗うようにします。

またシャンプーをすすぐ際はできるだけ時間をかけてしっかりと洗い落としましょう。

育毛剤

育毛剤には頭皮や髪に必要な栄養素がたくさん含まれています。

それを使うことで産後の抜け毛の症状を軽くしたり防いだり、その後の髪の成長にも大きく役立ちます。

育毛剤についてはこちらのサイトも参考になります。

女性用育毛剤ランキング【女性の産後の薄毛に効果】

生活の見直し

食事

食事は体に直接栄養素を吸収する大切なものです。栄養素が偏らないようにしましょう。

睡眠

睡眠はストレス発散にもなりとても大切です。

また成長ホルモンや甲状腺刺激ホルモンなども分泌する時間帯で髪の成長にも大きく関係します。

家族の理解を得てしっかり睡眠がとれる環境づくりも大切です。

ヘアカラー・パーマは避ける

産後の抜け毛というのは女性ホルモンが極端に減少してしまい発症してしまいます。

多くの人が一時的な症状と認識していますが、その中には長期、また抜け毛の度合いがひどいものもあります。

しかしほとんどの場合1年程度で新しい髪の毛が生えてくるためそこまで敏感になる必要もありません。

またこの時期に美容院などで頭皮や髪に刺激を与えてしまうヘアカラーやパーマは避けた方が無難です。

頭皮と髪の毛にストレスがかかってしまうと髪の栄養素がなくなりてしまい、さらに悪化させてしまう可能性があります。

これから治るのにそこでまた刺激を与えると治るものも治らなくなってしまいます。

美容院に行った際は 産後の抜け毛が治るまではできるだけカットのみの施術が良いでしょう。

ヘアカラー

ジアミンという毒素が含まれておりアレルギー症状を起こしやすいです。

パーマ

薬剤とロッドの引っ張りの力で頭皮がダメージしてしまいます。

また縮毛矯正などはそれよりもさらにダメージが大きくなってしまいます。