産後の抜け毛のメカニズム

9月 22, 2017

産後の抜け毛のメカニズム 産後の脱け毛はなぜ発生してしまうのか?

妊娠中は出産に備え女性ホルモンのプロゲステロン、エストロゲンが普段の量よりも多く分泌しています。

それが出産と同時に一気に減ってしまいます。

女性の髪の毛は女性ホルモンのエストロゲンと密接に関わっているためそれが急に減ってしまうことで髪のヘアサイクルが乱れてしまい脱け毛を発症してしまいます。妊娠中は出産に備え女性ホルモンのプロゲステロン、エストロゲンが普段の量よりも多く分泌しています。

それが出産と同時に一気に減ってしまいます。

女性の髪の毛は女性ホルモンのエストロゲンと密接に関わっているためそれが急に減ってしまうことで髪のヘアサイクルが乱れてしまい脱け毛を発症してしまいます。

これを産後脱毛症、または分娩後脱毛症と呼びます。

急激に減ったプロゲステロンやエストロゲンは時間とともに回復していきます。

ですから産後の脱け毛も平均1年くらいでは元の状態、もしくは髪質が変わることもありますが一応戻ります。

髪にあるエストロゲンについて

女性ホルモンは体のいたるところに存在します。

もちろん頭皮にも存在し毛乳頭細胞の中にエストロゲンがあります。それが髪の細胞分裂を促し髪を成長させます。

そのエストロゲンがなくなることで髪の毛のヘアサイクルが乱れます。ヘアサイクルは通常発毛期、成長期、退行期、休止期の順で繰り返します。

1本の髪の毛の寿命は約6年。その中でも最も期間が長いのが成長期です。これで約4年くらいはあります。

その間伸ばそうと思えば一年で12cm、4年で約48cmも髪を伸ばすことが可能です。

話が少しずれてしまいましたが女性のエストロゲンにはこのように髪の毛にとても大切なものなのです。

予防策や改善策について

出産をすると正直エストロゲンの減少は防げません。必然的に起きる生理現象なので仕方のないことです。

しかし妊娠中や出産直後から女性用の育毛剤などで対策をしていれば産後の脱け毛を少しでも減らすことができるかもしれません。

また、仮に脱け毛が多くても新たに生えてくる髪の毛の質を元に戻すことも可能です。

産後の脱け毛は時間が経てばほとんどのケースで戻りはしますがその後髪質が変わってしまうこともあります。

例えばくせ毛になった、髪が細くなったなどのトラブルもあります。

その原因としてエストロゲンの量が元の量よりも少なくなってしまったり、老化によるものであったり、体力自体が回復してなかったりと様々な原因が考えられます。

ですからその後のトラブルを防ぐためにも早め早めの対策は必要です。

また、出産をするにあたって旦那さんの方が育毛剤を使っている場合旦那さんの育毛剤に副作用を伴うと妊婦さんやおなかの中の赤ちゃんにまで影響を及ぼしてしまう育毛剤があります。
なのでせめて妊娠中だけでも旦那さんには安全な育毛剤を使ってあげるようにしましょう。

男性に安全で効果的な育毛剤はこちらがお勧めです。

副作用のない男性用育毛剤フィンジア